topimage

2017-08

門脈体循環シャントの内科的治療についてまとめてみました - 2013.08.19 Mon

お盆も過ぎたというのにこの暑さいつまで続くんでしょうねぇ

今月に入って見つかったももの病気 門脈体循環シャント について少しまとめてみました

人間の場合、病気それぞれにある程度の治療指針があって専門家でなくとも

ネットなどで調べる事ができるのですが、犬の場合はなかなかたどりつく事ができませんでした

もちろん、専門誌を購入して調べる事は可能なんでしょうが・・・

獣医さんとの診察の際に説明を受けても、ある程度知識がないと理解しにくいですよね

その上、治療方針を決めるにしてもいくつか選択肢があると最終的に飼い主が決定しなければいけません

他のワンちゃんで同じような病気で悩まれている方の少しでも参考になればと思っております

病態、診断、治療に関しては、詳しく説明されているサイトもありますので

ももに関して簡単に説明させてもらいます

そして後半、内科的治療つまりお薬に関して少しだけ詳しくご報告致します

その前に、まずは門脈ってどこにあってどうしてくれてるの?って方のために  門脈  ←覗いてみてください

一番わかりやすかったのでお借りしました

食事で摂った物を胃や腸などで消化した後に有害物質を解毒するために

それぞれから集まって肝臓へ入るための通路みたいなものです(簡単過ぎますが・・・)(汗)

興味のある方はクリックして読み進んでみて下さい





ももの症状としては
    
    神経症状(肝性脳症):なんとなく元気がない・頭を物に押し付ける・方向感覚異常
               歩行異常・狭い所に入り込み出られなくなる
               呼びかけに無反応・昼夜逆転・排泄ミス
               
    泌尿器症状:尿酸アンモニア結晶(2年ほど前に)

    その他の症状としては、食欲不振、嘔吐、下痢があるらしいのですが
               ももの場合は全くありませんでした

このような症状が気になるようなら門脈体循環シャントを疑ってみて下さい

典型的な検査所見としては

    身体検査所見:発育不良(兄弟姉妹犬に比べ発育が遅い)
             腹水(後天的な場合)
    血液検査所見:高アンモニア血症 もも211正常値(16~75)         
             高胆汁酸血症     食前50.7食後2時間135.6(0~5)
           低たんぱく血症    2.5(2.6~4.0)
           (低アルブミン血症)
           BUNの低値      8.2(9.2~29.2)
           T-choの低値     125(111~312)
           ALPの上昇       89(17~78)
           BCAAの低値・TYRの高値
           血液凝固系の異常       (  )が正常値
    画像診断:小肝症(肝臓が小さい)-X線にて
         肝内門脈枝の発育が不明瞭 -超音波にて
         膀胱結石 -超音波にて

ももの場合は、アンモニア値と総胆汁酸値が高い肝臓が小さいことなどから造影CTをする事になりました

結果、先天性門脈体循環シャントで分類としては、肝外シャント(肝臓の外にシャントができている)
形態としては、左胃静脈後大静脈シャント(左胃から肝臓を通らず心臓へ続く大静脈へシャントができている)

先天性門脈体循環シャントの治療法としては、シャント血管の外科的閉塞が一番らしいのですが
一度の手術でしっかり閉塞できなければ複数回、術後の合併症でけいれん発作や門脈高血圧症などの危険もあるようです ももの場合8歳になる去年まで症状が出なかったことや手術に伴う危険性などを考慮に入れ手術は断念して内科的治療を続けることにしました

本来、食事として体内に取り込んだアンモニアなどの有害物質は肝臓で代謝されます。この病気になるとその肝臓を迂回する形になっているためそのまま全身に漏れ出してしまうのです。さらにアミノ酸のバランス異常が加わり、脳細胞を直接障害したり、神経伝達物質の変化が起きたりして脳症が発病します。これが肝性脳症です

ここでは慢性期の内科的治療をご紹介します

食事は、低たんぱく食を少量頻回与えることです。極端な低たんぱく食は低たんぱく血症になってしまうので気をつけなければいけません 獣医の紹介でフードを 肝臓サポート に変えました

次にお薬についてです

①ラクツロース(ラクツロースシロップ60%)1ml/kg 1日2~3回 
      作用ー腸内細菌により有機酸(乳酸や酢酸など)を増やし、腸管内pHを酸性化します
          結果、アンモニア酸性菌の発育を抑え、腸管内アンモニアの吸収を下げます
          
          注意ー使用量基準としては、軟便になる量に調節することです
             水様性の下痢になるようであれば量を減らし
             コロコロ便なら量を増やします

             
          ももの場合-3.6キロなので1日3.6mlが標準量ですが
                調節をして1日3mlにして1回1mlを3回あげてます

          追記ー乳酸菌製剤(ビオフェルミンなど)も腸内pHを酸性化するので
             下痢に関係なく使用してもよい


経口BCAA製剤 BCAAサプリメント ベジタブルサポートドクタープラス  5キロの犬で1日3gを2~3回
                 BCAA製剤(リーバクト) 0.1~0.2mg/kg 1日2回
          作用ーBCAAとは分岐鎖アミノ酸の事でアンモニア処理に必要なグルタミン酸を生成します
               また、肝臓のアミノ酸代謝異常が起こりセロトニンなどの偽性神経伝達物質が
               肝性脳症を起こすのを抑えます

          ももの場合ー粉末のベジタブルサポートドクタープラスを1g1日2回
                次回は、錠剤が希望です

          追記ー専門の獣医さんによるとリーバクトなどの人間用の経口剤は同じBCAA製剤でも
             理由はわからないが、なかなかいい結果が出なかったそうです
             ちなみに、急性期に使う点滴ではある程度結果はあったそうです

亜鉛製剤ポラプレジンク(プロマック顆粒)5mg/kg、経口1日2回
          作用ーアンモニアを代謝する酵素の働きに欠かせないミネラル
 
          ももの場合ー2包(150mg)で15回分

メトロニダゾール(フラジール錠)7.5~12.5mg/kg、経口1日2回
アモキシシリン(サワシリンなど)10~25mg/kg、経口1日2~3回
          作用ー腸内のアンモニア産生菌を抑えます

          ももの場合ーアモキシシリン(250mg)×3
                メトロニダゾール(250mg)×1
                ゼンターゼP×5       少し多い気がするのですが、この量で10回分

          追記ー肝性脳症の症状がなくなったら必要ないようです

肝性脳症(慢性期)の治療 ~処方例~
  -低たんぱく食を少量頻回与える
  -腸内におけるアンモニア生産の抑制のために①を投与する
  -BCAAの血中濃度をモニターしながら②を投与する
  ②だけでは、BCAA濃度の維持が困難になた場合は、③を投与する
  -高アンモニア血症のコントロールが困難になった場合や、血中亜鉛濃度の
  低下が認められた場合、あるいはBCAA濃度には関係ないにもかかわらず
  高アンモニア血症が持続する場合は、④を投与する
  -上記の治療でコントロールできない肝性脳症では⑤と⑥を投与すると効果的な場合がある

ももの場合は、病気がわかってすぐに低たんぱく食に切り替え、追って前記の処方を開始して1週間ほどで肝性脳症の症状はなくなり元気も少しづつ取り戻して来ました。そろそろ血液検査にてそれぞれの値を考慮に入れた処方の見直しをする時期になっております。投薬を続けることによる副作用の心配や処方中止による肝性脳症の再発の心配などこの先ずっと続く事になります。なかなか情報が得られないのがもどかしいのですが、できる限りのことをしてあげて少しでも長く一緒にいられるよう努力していこうと思っております。
同じ病気でご心配の飼い主さんの少しでも参考になればと拙い説明ですがまとめてみました。
また、ご指摘や別の治療方法をご存知の方はご連絡をいただけたら幸いです。


     ☆  ☆  ☆  少しでも参考になったと思って下さった方はポチっとお願い致します  ☆  ☆  ☆


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ








スポンサーサイト

● COMMENT ●

ももママさんっ
細かく
そしてわかりやすく 
門脈体循環シャントについて
投与する薬とフードについて
アップされてますね!

ワンコが大きな病気を抱えた場合
1番に重要なのは
飼い主さんが病気について把握することだと思うんです
先生に任せっきりでもダメだし。。
疑問に思うことや不安に感じることを
先生に相談して
ワンコ共々病気と向き合うことが大切ですよね(^^)

ももママさんだからこそ
ももちゃんの今日の回復に繋がったんだと思います!!
ももちゃんはやっぱり
強運の持ち主ですね~(^_-)-☆

病気こそ違うけど
大きな病気を抱えたワンコの飼い主として
これからもお互いに励まし合って
がっつりとワンコを守っていきましょうね~っヾ(*´∀`*)ノ ))

さすがママさんですね。すごく分かりよい説明で、
とても参考になる記事だと思います。
ワンコの病気、一番辛いです・・・
やっぱり、話せない事が一番悲しい。
なので、飼い主がワンコの様子を一番に察知してあげないとね。
前に、言ってたけど学生の頃に2ワン中型犬を飼っててね、
あの当時は、ワクチンや予防についても無知だったし、
大病で亡くしてしまいました。すごく悲しい思いをしたんです。
今は、当時よりもワクチンや薬の投与で、救われるワンコ達が
いっぱいいると思うんです。
ももちゃんも、いい獣医さんに恵まれて本当に良かった!!
それに、何て言ってもママさんの愛情をもった看病が
ももちゃんの元気の元、一番のお薬なんじゃないかと思います☆
ももちゃんは、そのママさんの気持ちに答え、
辛いお薬も頑張ったと思います♪ むっちゃ首フリフリしながらね( ´艸`)
まだまだ、心配性のママさんにとっては不安な事もあると思いますが、
焦らず、ゆっくり治してあげて下さいね☆
Duffyも、この先どんな病気にかかるかわかりません。
そん時は、オロオロしている私にナイスアドバイス宜しくお願いします(^-^;

ティクレアさんへ

同じ病気のワンちゃんを持つ飼い主さんのブログも見せてもらったんですが
お薬に関しての詳しい情報がなかなか見つけられなくて・・・
人間のお薬だったら薬品名や量はもちろん、効果や副作用、薬価まで
こと細かく情報提供する事に決まっているんですが
お世話になっている動物病院は、情報提供はしてないみたいなんです
しつこく聞くのでいやがられているかも(^_^;)
だって、何をどれだけ飲んでいるかは知りたいですよねぇ
ティクレアさんが行かれている動物病院はいかかでしょうか?
ずぅ~と同じ病院も、いろいろ代わるのも・・・
う~~ん、ちょっと迷ってます
また、相談にのってくださいね^^

Duffyママさんへ

病気がわかった時に、ワンちゃん特有のよくある病気ですって言われて愕然(^_^;)
ぼんやり聞いたような気はしたんだけど、ほとんど知識がなくって・・・
まずは、「門脈」から調べなおしましたよ(汗)
Dママの言うとおり話してくれないのが一番辛いねぇ
考えたら一年以上も前から苦しかったのかも~(涙)
ちょっと落ち込んでしまいましたよ
お薬がよく効いたみたいで今は元気になって、部屋中駆け回る事も!!
一晩中、抱っこしながら看病してたのを忘れて
「こらぁ~!!」って、大声出してます^m^
このまま落ち着いていて欲しいわ~
元気でいてくれる事がなにより!!
でも、なにかあった時はももママ頑張って協力します!(^^)!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://momo3230.blog119.fc2.com/tb.php/432-f5cc629a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元気になって出勤しましたぁ(^^♪ «  | BLOG TOP |  » 門脈体循環シャントのお薬です

プロフィール

みわわ

Author:みわわ
トイ・プードルのももでぇ~す
お姉さんが大好き!!
みんな私に声をかけてね(^_-)

パピーもも


病院にて初めての診察

もものワルツ

曲・演奏 ももパパ

にほんブログ村

かわいいなぁ~と思った方は  ポチっとお願い致します

FC2ブログランキング

こちらもポチっとお願い致します

FC2Blog Ranking

いくつになったの

ももYou Tube

↑ ポチっとしてみてね

手作り洋服

↓ ポチっとしてみてね

☆彡ポチしてね☆彡

ももキャラショップHP

キャラ☆プラネッツ


ビート君

もも9歳お誕生日ブログ

もも10歳お誕生日ブログ

お勧めクリニック

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
おしゃれ (18)
お散歩 (151)
今日の出来事 (58)
お出掛け (93)
お食事 (6)
お買い物 (11)
食べブログ (5)
平凡な休日 (116)
昨日の出来事 (8)
お誕生日 (12)
ご報告 (36)
旅レポ (25)
グルメ (13)
体調不良 (20)
酔っぱちゃん (1)
贈り物 (9)
ガンバ大阪 (1)
自転車 (1)
平凡な日々 (36)
リフォーム (2)
旬の食材 (3)
トリミング (12)
ゆるキャラ (15)
定期健診 (9)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

プリティ・プードル

お世話してあげてね

リンク

このブログをリンクに追加する ※リンクフリーです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

~お知り合いの新着情報~

お気に入りのお宿

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR